「かかりつけ医」ってなんだろう
(歯科医編)

 今回は、「かかりつけ歯科医」についてです。
「かかりつけ歯科医」も「かかりつけ医」同様、病歴や生活習慣など、患者さんのことをよく知る歯科医のことで、口の中になにかの異常があれば、まずは診てもらう歯科医です。
 最近では、定期検診を奨める歯科医院も多くなってきたので、定期健診を受けている歯科医院があれば、その医院が「かかりつけ歯科医」と言えるでしょう。

かかりつけ歯科医の役割として、日本歯科学会のサイトなどでは、以下を記しています。
患者さんのニーズに応じた健康相談を行います
必要な初期歯科医療を行います
障害者・要介護者の方々に対して適切な歯科医療を提供します
福祉施設や在宅の患者さんに対して歯科医療・口腔ケアを行います
歯科疾患の予防のため、定期的な専門的ケアを行います
チーム医療のための連携および紹介または指示を行います
かかりつけ医ってなんだろう(歯科医編)
  これを見ると、かかりつけ歯科医を持つことで、まず最初に診てもらう、というだけでなく、健康相談や予防措置・定期健診から初期治療、必要に応じて専門的な治療(専門医や高度医療機関との連携・紹介を含めて)までと、幅広く対応してもらえる、ということがよくわかると思います。

また、歯科医療では、お子さんをむし歯のない子にするためのフッ素塗布・ブラッシング指導など様々な予防措置、PMTCなどを中心とした成人の定期健診、高齢化が進むなかでの要介護状態の方の口腔ケア・・・など幼児から高齢者まで、それぞれの世代に合わせた口腔ケアが必要です
歯科における「かかりつけ医」は、これらを的確に行い、皆さんの歯を健康な状態に保つお手伝いをするということが、もっとも重要な役割かもしれません。