ホワイトニングで好印象

 「色の白いは七難隠す」とは、肌の色のことかもしれませんが、歯の色が相手に与える印象も決して小さくありません。最近は、白い歯への関心も高くなってきたのか、ホワイトニング(漂白=ブリーチング)治療を行なう歯科医院が増えてきました。
ホワイトニングは、健康な歯を削ったり、人工物をつけたりすることなく、変色した歯そのものを白くすることができます。ただし、変色の原因によっては、適応できないケースもあります。
歯の変色の主な原因は、
コーヒー、紅茶、赤ワイン、コーラ、カレーなどの飲食物の色素やタバコのヤニの沈着による変色
加齢による黄ばみ

虫歯などの病気や外傷、抗生物質など薬剤の副作用による変色、

  などです。

 このうち、飲食物の色素やタバコのヤニの沈着による変色と加齢による変色は、ホワイトニングが有効ですが、他の原因の場合は、漂白しにくい傾向にあります。そのような場合は、ラミネートベニアやオールセラミックスクラウンなどの方法があります。

ホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスブリーチングと家庭で行うホームブリーチングがあり、併用して行うことが効果的です。
オフィスブリーチングでは、過酸化水素水を含んだペーストを歯の表面に塗布して化学反応させ、そのあと可視光線やレーザーを照射して、さらに活性化させて漂白します。

治療時間は一回1時間前後で、1週間に1度くらいのペースで、1~2ヶ月くらいかけておこなっていきます
ホームブリーチングでは、歯科医院で自分の歯の形にあったカスタムトレー(マウスピース)をつくり、そのなかに薬剤を入れ装着して、薬剤を浸透させて漂白します。
いずれの場合も使用する薬剤は、消毒剤として使われている過酸化水素水・過酸化尿素が主成分ですので、人体に影響はありません

ご結婚前に歯を美しくされたい方、加齢による黄ばみでお悩みの方、営業職などで人に会って話をする機会が多い方などは、ホワイトニングで、「七難隠す」ことができるかもしれません。