むし歯や歯周病は遺伝するのでしょうか

 ご自身のむし歯のことを「親もむし歯が多いから・・・」という方がよくいらっしゃいますが、むし歯や歯周病は遺伝するのでしょうか?
 むし歯についてですが、むし歯になりやすいといわれる要素のいくつかは遺伝的なものがあります。
具体的には、歯の形や質、むし歯菌に対する抵抗力、食べ物の嗜好などです。
食べかすが残りやすい歯並び、歯の溝が深い、エナメル質の耐酸性が低いといった歯や歯並びの問題は遺伝する可能性があります。

歯と遺伝

  むし歯菌といわれるミュータンス連鎖球菌に対する抗体を多く生産できるかどうか、むし歯になりやすい甘い食べ物が好きかどうか、というような要素も遺伝と関連があるとされています。
歯周病については、はっきりわかっていません。ただ歯周病も細菌が歯周組織を侵す病気ですから、細菌に対する免疫力が強い体質を受け継いだ人のほうが歯周病になりにくいといえるでしょう。
また、遺伝とは違いますが、遺伝のようにみえ、誤解されてしまうケースもあります。同じ環境で生活すれば、お互いにさまざまに影響を受けるわけですが、それがむし歯や歯周病の原因となることがあります。甘いものが好きな親の子供は、甘いものを食べる機会が多いでしょうし、歯磨きをまじめにしない親の子供は、歯磨きがおろそかになるかもしれない、といったようなことです。

このように、むし歯や歯周病と遺伝とはある程度関連があります。しかし親や親族にむし歯や歯周病が多いからといって、決して悲観する必要はありません。 むし歯や歯周病は、先天的な遺伝的要因のほかに後天的な要因も大きく影響するからです。遺伝的にむし歯や歯周病になりやすい人でも、ブラッシングや歯科医院での定期健診、食生活の改善や、フッ素塗布などによる歯質の強化といった、日ごろのケアで口腔内環境を整えれば、病気を未然に防ぐことができますし、逆に遺伝的に恵まれた人でもケアをおろそかにしていれば、むし歯や歯周病のリスクは高まります。

ご自身がむし歯や歯周病で苦労された親御さんが、お子さんには同じ苦しみをさせたくないと努力して、むし歯や歯周病のないきれいな歯を持つお子さんを育てられた、といった例もめずらしいことではありません。