口臭で悩んでいませんか?
~原因のほとんどはお口の中にあります~

 口臭を防ぐことをうたい文句にした歯磨き剤、洗口剤、ガムなどが多く売られていることや、「口臭外来」の看板を掲げる歯科医院が増えてきていることを見ても、口臭で悩んでいる人は多くいらっしゃると考えられます。
口臭の原因は発生原因や症状から次の4つに分けられます。

1.生理的口臭
誰にでもある口臭で、起床時口臭、空腹時口臭、緊張時の口臭、生理時の口臭、加齢による老人性口臭など。
2.病的口臭
口腔内に原因のあるものと全身的原因(糖尿病、肝機能障害、胃潰瘍、肺膿瘍、蓄膿症など)によるもの。
3.食餌性口臭
食品による一時的な口臭。納豆やニンニク、アルコール、喫煙によるものなど。
4.心因性口臭
実際にはほとんどにおわないのに、口臭がある思い込んで悩む。自臭症、口臭恐怖症ともいう。

このうち、8~9割は、口腔内が原因であり、全身的なものは僅かです。
ニンニクを食べた後、いつまでもにおいが残ることから、口臭が胃から来ていると思っている人も多いと思いますが、あのにおいも実際は口の中に残っている臭いです。
そして、口の中の口臭の発生源は、歯についた歯垢よりも、舌の表面の白い苔のような部分(舌苔)や舌の付け根あたりだといわれています。したがって、ほとんどの場合、口の中を清潔に保つことで、口臭を防ぐことが出来ます
具体的には、
○ 歯の疾患(虫歯・歯周病)の治療
○ 毎食後のブラッシング、入れ歯の清掃、舌苔の除去(舌ブラシ等の使用)
○ 洗口剤・清涼剤などの使用
○ 口の中を乾かないようにする
(ガムを噛んで唾液を出したり、水分を充分とる)
○においの強い食物を頻繁にとるのを控える

、などです。

歯科医院の定期検診でのクリーニング(PMTC)も効果がありますし、最近では、レーザーで口臭の発生源を除去してくれる歯科医院もあります。