予約について
時間を大事にして信頼関係を築きましょう。

 「予約をしたのに、ずいぶん待たされた」とか、「歯が痛いのになかなか診てくれなかった」という経験がある方は多いと思います。
現在、ほとんどの歯科医院が予約制を採っていますが、一部の専門分野の医院を除いて、新患・急患を随時受け付けているところも数多くあります。

そのなかで、予約の方と随時受け付けの新患・急患の方をどういう順番で診るかは、歯科医院ごとにそれぞれの考えがあるので、一概には言えません。
しかし、仮に予約を最優先にしている歯科医院でも、来院された時点で、ズキズキと激しく痛んでいるような急患の方は、あまりお待たせするわけにはいきません。
予約を守りましょう
 そのことが、時には予約の患者さんのお時間をいただいてお待ちいただくなど、どうしてもご迷惑をおかけすることがあります。もちろん、多くの歯科医院は、予約の患者さんをあまりお待たせすることになりそうであれば、ご説明して、了解を得ることもしております。
逆に随時受付で来られた患者さんも、予約の方の時間をやりくりして診察してもらうことを理解して、多少の時間の余裕をもって来院されると、イライラせずに待てるかもしれません。

予約に関して、患者さんにお願いしたいことは、予約の日時を守りましょう、ということです。前回の診療のときに、患者さんのご都合を聞いて決めているのですから、なにか急用が入らない限り、ご来院は可能でしょうし、予約時間に来られることで、患者さんご自身の待ち時間も少なくできるのです。
歯科診療は、実際に診察するドクターだけでなく、衛生士や技工士他、多くのスタッフが関わっています。予約の患者さんが来られないと、ただ時間が空いてしまうだけでなく、スタッフ全員の士気も落ちますし、技工士が患者さんの来院に間に合わせるために、前日遅くまでがんばったのに、結局、患者さんは来られなかったというようなこともあります。
急用で来られなくなった場合も、ご連絡をいただければ、次回の予約をあらためて入れることで診療が途切れてしまうことも防げますし、空いた時間に別の患者さんを診てあげることもできます。

歯科医院は予約の患者さんと随時受付の患者さんをうまく調整して、できるだけお待たせしないようにしながら、治療に最善を尽くし、患者さんは医師の指示と予約の時間を守り、両者が協力して治療を続けていくことで、医院と患者さんの信頼関係も強まり、ひいてはより良い治療につながっていく、ということは言えるでしょう。