入れ歯のメインテナンス

 「入れ歯を一度作れば一生モノ」と思われている方も多いと思います。しかし天然の歯と同様、正しいメンテナンスを行わないと長持ちはしませんし、様々な問題を引き起こしてしまうことになります。
義歯は天然歯と違って自浄作用がなく、唾液のまわりが悪くなるので、汚れやすいものです。汚れをそのままにしておくと、口臭がひどくなったり、歯茎が炎症を起こしたりします。
ばねを使っている入れ歯では特に、残っている周りの歯も汚れやすいので、虫歯や歯周病になってしまう恐れもあります。

手入れの基本は、毎食後の洗浄です。入れ歯を外して、流水の下で専用のブラシで汚れを落とし、清潔に保ちましょう。歯と歯の間や、ばね部分は汚れがたまりやすいので、よく磨きましょう。洗浄剤に浸すことも効果があります。残った歯のブラッシングももちろん大切で、特に入れ歯の隣の歯は丁寧に磨いてください。
寝る前には、口内炎の予防、入れ歯の変形・変質を防ぐ、疲れた歯茎を休ませるなどの意味から、入れ歯を外して休みましょう。外した入れ歯は水につけておきます。その際、入れ歯洗浄剤を使うと除菌効果が増します。

入れ歯の形は変わることはありませんが、年齢とともに周囲の歯茎はやせてきます
ピッタリとあっていた入れ歯もぐらついたり、外れやすくなったりして、うまく噛めなくなったり、違和感を感じるようになることがあります。
放置しておくと周りの歯や歯肉に負担がかかり、悪くなってしまうだけでなく、咬み合わせがずれてくることで、あごの痛み、頭痛、肩こり、腰痛、手のしびれなどを起こすこともあります。
入れ歯の手入れ
入れ歯の手入れ
入れ歯の手入れ 入れ歯の手入れ