舌痛症(ぜっつうしょう)
"心"にも原因が・・・?

 見た目には異常がないのに、火傷をしたときのように舌がヒリヒリと痛くなったり、舌先や縁にピリピリとした痛みを感じることがあります。そのような症状が持続して続くのが、「舌痛症」(ぜっつうしょう)です。従来から40~50歳代の中年以降の女性に多く見られていましたが、最近では様々な世代の方や男性にも見られるようになるなど、舌痛症に悩まされている人が増えてきています
舌痛症(ぜっつうしょう)
 舌痛症は、その原因によって、心因性のもの(特発性舌痛症)と、その他の原因によるもの(広義の舌痛症)、の二つに分類されています。
「広義の舌痛症」の原因については、以下のような様々な原因が、舌痛症および類似した症状を起こすことがあります。
1.ビタミン・微量元素の不足・・・ビタミンB12、亜鉛、鉄など。
2.糖尿病、高血圧、低血圧、動脈硬化
3.感染症
4.口腔内乾燥
5.虫歯・歯周炎
6.薬剤の副作用

他に舌に痛みを感じる原因は、口内炎、口の中の潰瘍、細菌やカビによる炎症、舌がんなどもあります。 虫歯や歯のとがった部分が当たって痛みを感じたり、入れ歯や歯列矯正装置が合わなかったり、歯の治療に用いる金属のアレルギーが舌の痛みの原因となることもあります。
「特発性舌痛症」について、そのメカニズムは完全にはわかっていませんが、次のようなケースがあります。舌痛症の原因の多くはこちらであるといわれています。
1.うつ病:抑鬱などの気分の悪化とともに口の乾き、味覚異常や口の痛みなどを感じる場合があります。
2.心気症:
舌には異常が見つからないのに、自分の舌の感覚を病気だと確信しているケースです。しかし普段の生活はまったく普通だったり、何かに熱中したりすると忘れている、というような特徴があります。
3.妄想性障害:
重大な病気(舌ガンなど)にかかっていると妄想にとらわれてしまう場合です。
4.心因性疼痛:
原因がわからない痛みが6カ月以上続いて、他の精神科的疾患に当てはまらない場合をいいます。

舌痛症の治療では、その 原因を見つけるためにさまざまなチェックを行います。原因によっては、内科や耳鼻咽喉科、あるいは精神科での治療が必要になることもあります。
舌痛症はその原因からみて、栄養のバランスを考えて食事をとり、十分な睡眠や気分転換、適度な運動などでストレスを発散させる、という生活を送れば、多くのケースは予防できると考えられています。
しかし、症状が強く、長引くときは、かかりつけの歯科医院または耳鼻咽喉科へ、相談したほうがよいでしょう。