口の中のカビ ~カンジダ菌~

 カビというと「気持ち悪い」とか「きたない」というイメージがどうしてもありますが、体やお口の中にもカビは存在します。悪名高き「水虫」はカビの仲間(白癬菌)だとご存じの方もいらっしゃると思います。お口の中でいうと、増殖するとやっかいなのが、今回の「カンジダ」菌です。
カンジダ菌 温暖多湿で栄養豊富なお口の中は、カビや細菌といった微生物にとって、とても住みやすい環境で、数百種類もの微生物が住みついています(常在菌)。
ミュータンス菌、歯周病菌、連鎖球菌などとともにカンジダ菌も住みついていて、通常はお互いけん制しあい、特定の菌だけが増殖しないようにバランスを取っています。


 しかし、なんらかの原因でカンジダ菌が異常増殖し、カンジダ症という病気になってしまうことがあります。症状は、粘膜の表面に白い膜が点状や地図状に付着します。はがすと赤く腫れたり、出血したりします。舌の表面に腫れと萎縮が強くみられる場合や、ただれてしまうこともあります。
 どんなときにカンジダ症にかかるのでしょうか。もともと抵抗力のあまり強くない高齢者や乳幼児が、なんらかの理由で体力が低下しているとき、栄養失調症、糖尿病など、からだを衰弱させる病気のとき、など注意が必要です。膠原病やHIV感染症など免疫不全となる疾患、病気の治療のために、抗生物質などを長期間使用しているときや、癌の放射線治療でも発症することがあります。また入れ歯の手入れを怠り、不衛生にしているとそこに大量繁殖することがあります。唾液の分泌が減ってしまうドライマウスも唾液による殺菌力が低下するので、カンジダ症にかかりやすくなります。


治療には、抗真菌剤の入ったうがい薬、ぬり薬を使います。数日間、うがいやぬり薬を使用すれば、多くの場合治癒します。それでも回復しないときは、抗真菌剤の入った内服薬を服用することもあります。
予防としては、疲労やストレスを避け、健康を保ち、抵抗力を弱めないようにすること、歯みがき・うがいで、口の中の清掃をすること、特に入れ歯は清潔にし、寝るときは外しましょう。