トップ > 診療案内 > 審美歯科

審美歯科


歯を白くしたい

ホワイトニング」のページをご覧ください。こちら

歯の色や形が気になる

いろいろな材質のかぶせ物

オールセラミック 1本 \100,000(税抜)

100%セラミックで作ったかぶせ物
金属を一切使用していないので、金属の溶け出しのよる歯肉の変色や金属アレルギーが起こる可能性がありません

メタルボンド 1本 \80,000(税抜)

金属の上にセラミックを焼き付けたかぶせ物
中身が金属なので割れにくく、殆どの部位に使用できます。

ハイブリッド前装冠 1本 \50,000(税抜)

セラミックとレジン(プラスチック)を混ぜて作ったかぶせ物
メタルボンド同様中身が金属なので割れにくいです
レジンを混ぜて作っているのでメタルボンドより比較的安価でお作りできます。

ハイブリッドインレー 1本 \20,000(税抜)

セラミックとレジン(プラスチック)を混ぜて作った詰め物
金属を一切使用していないので、金属の溶け出しのよる歯肉の変色や金属アレルギーが起こる可能性がありません。

ゴールドインレー・ゴールドクラウン \20,000 \30,000 \50,000(税抜)

金合金や白金加金(金にプラチナを加えたもの)で作られた金色の詰め物です。
銀歯よりも歯質と硬度が近い為咬み合わせに優しく、金属の溶け出しによる歯肉の変色や金属アレルギーが起こる可能性が低くなります。
また、保険でできる銀歯とは違い、 腐食・酸化・変色することがありません。

ラミネートベニア \70,000(税抜)

自分の歯の表面をごく薄く削り、その部分に歯の色をしたネイルチップのような薄い歯を貼り付けます。材料は一般的にはセラミック使用します。


歯と歯肉の隙間が気になる


ヒアルロン酸注入によるブラックトライアングル改善 \50,000(税抜)

 ブラックトライアングルとは、歯間乳頭(歯と歯の間の歯肉)が退縮し、黒い三角形の隙間として見える審美障害のこと。

治療前

治療後
主な原因は、加齢や歯周病、咬合性外傷*、成人矯正等です。またインプラントやブリッジのポンティック(ブリッジのもともと歯が無い部分)等、もともと歯間乳頭をもたない場合も生じます。隙間があると老けて見え、また食べ物がつまり易くなり、虫歯や歯周病の原因となります。

 退縮した部分にヒアルロン酸を注入することで歯肉コラーゲン成分を高め、組織の再生を促します。ヒアルロン酸は本来人間の体に存在するものなので、安全性が高く、移植手術等と比較して痛みが少ない治療です。

 基本的には3週間~1ヶ月に1回×4回の注入を1クールとして行います歯肉が綺麗になり、ふっくらとした若々しい歯肉になります。

さらに詳しく

*咬合性外傷…大きな虫歯、抜けた歯、合わないつめ物などを放置し、かみ合わせのバランスが悪い状態が続くと、特定の歯に必要以上の力がかかり、歯を支える歯周組織にダメージを与え、慢性的な歯痛を起こしたり、歯が抜けたりする病気。

口元のしわが気になる


ほうれい線改善 \50,000(税抜)

ほうれい線とは、鼻の両脇から唇の両端に伸びる2本のしわのことで、主に加齢によって中年以降に目立ち始めることが多く、ほうれい線の深さは見た目の年齢を大きく左右します。

治療前

治療後
原因としては、加齢・乾燥・喫煙・ストレス・紫外線・バランスの偏った食事・ビタミンC不足・コラーゲン不足等が挙げられ、解消法としては、禁煙・美容外科手術・マッサージ・顔体操等が挙げられます。当医院では美容外科手術によるほうれい線改善術をご紹介致します。

 ほうれい線改善の美容外科手術において、最も使用されているのはヒアルロン酸注入といわれています。そもそも何故ヒアルロン酸が選ばれているのでしょう。
① 有効性が高い
ヒアルロン酸は含水量が高く、1gあたりに6リットルの保水力があるといわれています。その為、体内に取り入れることによって、若々しく生き生きとした皮膚を保つのに非常に役立ちます。
② 安全性が高い
当医院で扱っているヒアルロン酸TEOSYAL(テオシアル)は100%非動物由来ですので、アレルギー反応が非常に少ないです。
このような理由から、安全性・有効性が共に高いヒアルロン酸が選ばれています。

症例

Case 1
Before

After


Case 2
Before

After


さらに詳しく